サブリースの注意点

2015.09.20 | News

握手

こんにちは。J-REC事務局の畑中です。

 

サブリースについて、次の問題は○でしょうか、それとも×でしょうか?

 

 

 

問題:10年間の家賃保証契約(サブリース原契約)を結べば、この期間は必ず当初
契約で取り決めた保証家賃を毎月支払ってくれる。

 

解答ですが、

 

×です。

 

 

10年間の家賃保証契約であっても、2年ごとに保証家賃を見直す特約が盛り込まれるのが一般的だからです。

 

「家賃を保証されているから、空室の心配はいらないな♪」

 

そう思ってアパートを新築したら、数年後に保証賃料が引き下げられてしまい、契約を解除しようとしたら、違約金が設定されていたというケースも珍しくはありません。

 

それでは、どうしたらこういったことを防ぐことができるのでしょうか?

 

保証家賃の決定のときに基になる基準家賃が近隣物件の相場程度になっているかを確認する、家賃保証を定期借家契約で結ぶ(あまりないかもしれませんが)、契約書に減額幅の制限にかんする一文をもりこむなどが対策の案になってくると思います。

 

不動産投資は知識が不足していると危険ですので、まずはしっかりと勉強することが大切だと思います。

 

 

ちなみに、冒頭の問題はこちらからの出題です。

http://www.j-rec.or.jp/365.html

 

無料なので、登録してみてください。

 

本日も最後までお読みいただき

ありがとうございました。