不動産実務検定の合格率について

2015.10.15 | News

39919114_s

 

こんにちは。J-REC事務局の畑中です。

 

J-RECのホームページでは、毎月、受験結果を掲載しています。

http://www.j-rec.or.jp/

 

これは、今年の4月からスタートしましたが、受験をされる方のひとつの目安や励みになればと思ったことから掲載をはじめました。

 

ちなみに、不動産実務検定試験は2つのパターンがあります。

 

認定講座を受講してから受験する場合と受講せずに一発試験を受けるパターンです。

 

認定講座を受講してから受験するパターンですと、5問免除になるのですが、それを加味しても、講座受講者とそうでない方との合格率の差は10%以上です。

 

ちなみに、試験はテキストだけではなく、総合的な力をつけていただくために幅広く出題されるので、テキストを読んでいるから・・ということでもありません。

 

講座を受けて、得意、不得意問わずに知識を吸収できることと、不動産のプロである講師から、いろいろな話をきけるので、自然と力がついているということだと思います。

 

もちろん、特に1級試験は合格率も低いので、講座を受講しても必ず合格するというわけではありません。

 

ですが、受講前とくらべると、圧倒的に知識やノウハウが増え、今後の不動産投資に大きな差がつくのは間違いないと思います。

 

不動産は金額が大きいので、この差が数百万円、数千万円の差になってきます。

 

知識がない状態で物件を買ってしまう方もいますが、ぜひ、自分自身にまずは投資をすることをおすすめします。

 

本日も最後までお読みいただき

ありがとうございました。