宅地建物取引士の試験が終わりましたね

2015.10.23 | News

39919114_s

こんにちは。J-REC事務局の畑中です。

 

10/18(日)に宅地建物取引士の試験が開催されました。

 

今年は名称が変わってからはじめての試験ということもあって、昨年よりも2%、受験生が増えたそうです。

 

これから難しくなってくるのではないかということで、急いで受験した方もいたようですね。

 

私も宅建資格は持っていますが、今年の問題をみたら、結構、忘れているものが多かったです(笑)

 

 

宅建はどちらかというと法律面の問題が多いので、業者さんには必須の資格だと思います。一方で、不動産投資をこれからはじめたい、すでに大家だけど、物件を増やしていきたいという場合には、不動産実務検定をおすすめします。

 

物件の探し方や金融機関毎の特徴、買ってからのトラブル対応など、内容がすぐに使える実践的なものになっているからです。おそらく、デッドクロスをこれほど、くわしく説明しているのは、この検定だけではないかと思います。

 

ちなみに、不動産実務検定で、どのような問題が出題されるかはこちらに登録して確認してみてください(無料)。

http://www.j-rec.or.jp/365.html

 

 

不動産投資は知識がないと危険ですので、初心者の方はまずは勉強されることをおすすめします。

 

本日も最後までお読みいただき

ありがとうございました。