建築費がどんどんあがっています

2015.09.12 | News

新築

(一社)住宅生産団体連合会の、「2014年度戸建注文住宅の顧客実態調査」調査結果が先日、発表されました。

一戸建ての注文住宅の建築費は引き続き上昇しているようです。

 

平均建築費単価は平成24年度までは減少傾向だったようですが、平成25年度は24.7万円/㎡に増加。26年度も引き続き増加して、25.6万円/㎡となったそうです。

 

平成24年の平均建築費単価が23.7万円/㎡でしたので、わずか2年間で2万円近く、あがったことになります。

 

理由はいろいろと言われていますが、円安による資材価格の上昇、技能人材の不足による労務費の上昇が大きな要因かと思います。

 

将来のことは予想段階ではありますが、これらの要因が解決されないかぎり、これからも上昇していく可能性は高いのではないでしょうか?

 

消費増税も控えていますので、新築を検討中の場合は、早めの判断が必要になるかもしれませんね。

 

 

本日も最後までお読みいただき

ありがとうございました。